FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シン・ゴジラのラストの妄想

いよいよ来週公開となる最新作「シン・ゴジラ」
楽しみですが、現状ストーリーの大まかなところや、断片的な情報で、細かなところは分からず、特にラストシーンに関しては、実際劇場で見るまでは分からないところもあります。
なので、ここにラストシーンの予想……というか妄想を書きたいと思います。

大事なことなのでもう一度書きますが、あくまで妄想なので悪しからず。

それでは追記からご覧ください

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

今週のニンニンジャー

「忍びの16 グッバイ、スターニンジャー!」

弟子入り期限が迫る……!!の回。

新たなオトモ忍・サーファーマルが初登場。一方で、好天の決めた期日をアメリカ時間で換算していたキンジは、期限を守れずに弟子になれずサーファーマルを餞別替わりとして帰国することに。

その去っていくサーファーマルを背景に好天が天晴たちに九衛門がかつて自分の弟子であったことを打ち明けますが、背景のシュールさがあってイマイチシリアスな展開になっていませんでした。

今回の妖怪・ウミボウズの「相手の過去の恐怖の幻を生み出す」で、天晴の前に大量のピーマンが登場しました。
「過去の恐怖」を生み出すという事は、天晴は昔、あれだけのピーマンに囲まれたことがあるのでしょうか。

また、キンジの過去の恐怖で、父と兄が命を落とすこととなった妖怪の姿がシルエットのみで登場しました。見た所「オオカミオトコ」の様ですが、西洋妖怪も今後でるのか、はたまたただの設定だけの存在となるのか解らないところです。

次回「忍びの18 八雲が愛した妖怪」


仮面ライダードライブはゴルファーロイミュード追跡のため、放送はありませんでした。

ではでは。

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

今週のニンニンjya-

今週のニンニン&ドライブ

今週は時間が無かったので、簡単な感想。

ニンニンジャー:父・旋風がフューチャーがされた回。

序盤では術が発動できなかったが、終盤でニンニンジャーを助けるために発動できたところが今回の見せ場。

ドライブ:進之介の父・英介を殺害した真犯人は、仁良だった。

ラストで、仁良の「嫉妬心」を吸収し、001に続いて超進化態となったブレン。
ここから今までのギャグキャラからの脱却が図れるのか。

次週は、ニンニンジャーのみが放送。

ではでは。

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

今週のニンニン&ドライブ

手裏剣戦隊ニンニンジャー:「忍びの15 妖怪、ワタシ失敗しないので」

ロデオマルが敵に!?の回。

妖怪・フタクチオンナの能力で、敵対してしまったロデオマル。今回のフタクチオンナとの対決はかなりあっさり目で終わったのと対照的に、ガシャドクロや、シノビマルVSロデオマルの巨大戦がバトルのメインとなった珍しい回でした。

シュリケンジンは、霞と八雲がフタクチオンナの方に回り、天晴が暴走するロデオマルを止めるために分離したため、シュリケンジンは風花と凪の二人で操縦しなくてはならなくった状態に。久々のパオンマルやユーフォーマルが登場し、さらにカクレンジャー忍シュリケンで足りない操縦人数を補っての戦いは印象的でした。

こうした巨大戦に描写の比重が置かれた回は、ウルトラマンやゴジラなど、巨大特撮番組がメインの自分にはうれしい回ですね。

次回「忍びの15 父ツムジはスーパー忍者!?」 旋風がついに戦場にたつ!?


仮面ライダードライブ:「だれが泊進之介の命を奪ったのか」

復活の進之介。タイプトライドロン登場!の回。

前回の戦いで、001の手により死んでしまった進之介。しかし、ベルトさんが進之介の生命を維持している状態で、 特状課のメンバーは、進之介復活のために尽力します。
そして登場する、ドライブ最強フォーム・タイプトライドロン。乗機であるトライドロンと融合した姿で、進之介の人格状態とベルトさんの人格状態の2バージョンがあり、シフトカーが持つ能力を融合させたタイヤを使用することができると、まさに最強フォーム。
その圧倒的な強さで、超進化態となった001を撃破しました。

そして、ロイミュード側についていた剛は、実は記憶書き換えされておらず。その目的はブレンの持つタブレットでした。
進之介に情報提供をした「ミスターX」も実は剛で、敵を欺くためとはいえ、そのために進之介が死んでしまったことはそうとうなショックを受け、タブレットに搭載された「知識」に進之介復活の方法を聞いていましたが、その「知識」に対し剛は「蛮野博士」と言っていました。
剛・霧子の父親で、ロイミュードの生みの親である蛮野博士もベルトさんと同じく、記憶を移していたのかは不明ですが、この「知識」はどう作用してくるのでしょうか。

次回「だれが泊英介の命を奪ったのか」泊英介殺害の真犯人が明らかに!?

ではでは。

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

プロフィール

加藤悠輝

Author:加藤悠輝
大好き!特撮ヒーローズ!!へようこそ!

ココでは自分の好きな特撮作品やジャンルに引っかかる事を
グダグダと書き綴っていきます。

同ジャンルの方の相互リンク大歓迎!リンク希望の方は、

コメントに「リンク希望!」と書いてくださいね

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
スポンサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。